上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
連日元町の高架下をウロウロ、キョロキョロとディスプレイ用のアンティークを探しています。


昨日は先日、レトロなスタンドを買ったお店ですごく気になったガラス製品が忘れられなくて
またそのお店に立ち寄ってみました。

作品cake 017


大きさは高さ10cm弱。


高級品が並ぶケースの中に一緒に置いてあったのでさぞかしお高い?かと恐る恐る店主にお願いして出してもらいましたが、素人の私が見ても年代がわかるわけでもありません。
ひっくり返して底に何か書かれていないかな?とか、割れていないかな?ぐらいのチェックをするぐらいです。

下の方はひび割れのように見えますが、模様みたいな感じでした。

店主が言うには古いものではないけど、いつ頃のかはっきりはわからないらしい。
画像では見えにくいですが、先の方にも細工がされていたりしてちょっと珍しいものっぽいです。

最近、このブログにも骨董やさんと呼ばれるプロの方もいらっしゃるようなのでこんなもので満足するのはお恥ずかしいのですが・・・

何かおわかりでしたら教えて下さいね。

ちなみにお値段は意外にも安かったです。
(ランチ程度?)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。