上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
蚤の市からもう2週間もたってしまいました。
ようやくブログにアップする時間ができてほっとしています。

お待たせしました!!

ライト

普段、ひとりで作業?する時はつけませんが、
お客様どなたでもウエルカムの時にはこのレトロなライトが入口ドア付近に灯っています。
姫路のBrocantz Nonkiさんのコーナーでは他にも素敵なライトがあったのですが、
見たことのないグリーンのガラスの色がとてもやさしく感じられ、こちらをセレクトしました。

雑貨屋 059

明るい場所だとこんな色なんです。素敵でしょ?

IMG_16021.jpg


ソレイユさんのお店ではこんなフックをゲット♪
この画像ではわかりにくいのですが、右端の色は大好きなブルーグレー系に惹かれて即決。
残りの2本は3本まとめたら割引~に心が揺れて購入しました。

こういうセールストークにはとっても弱い私ですが、帰ってからじっくりと見ると、
なかなかシンプルなんだけど、渋さがあっていいんですよね。


フック


最後に遊び心でこんなものをこんなものも買っちゃいました。

小便小僧


タバコには縁がないし、アトリエ内も禁煙なんですけど、
何だかとってもかわいくて・・・・

真ん中の小僧さんはくるくると回るんです。
それと結構な重さがあって、なかなかいいものじゃあないかと一人思ったりしています。

小物入れにしてもいいかなぁ。
avon.jpg


ミルクGlassと言えば、ファイアーキングやパイレックスが頭に浮かぶのですが、
あの化粧品メーカーAvonからも出ているんですね。

mixiのコミュで初めて知った私・・・

「譲ります」コーナーでしたが、個人のお取引だったので少々ためらいながらもメッセージしてみました。
数回やりとりすると、だいたいお人柄もわかり、安心してオーダー♪

振込み後、すぐに発送して頂き、今日、届いたのですが、思った以上にきれいでしたァ。


早速アトリエに飾りたいところですが、3連休はお家でのんびりする予定なので来週までディスプレイはお預け。



さて、本日は友人(とはいっても親子に近い年齢差)が雑貨屋をオープンしたのです。
店舗まるごとするにはまだまだ自信がないそうで、とりあえず知り合いの雑貨屋さんのアトリエで
させてもらうことになりました。

雑貨屋 026



神戸垂水の郵便局裏ですので、お近くの方はぜひお立ち寄り下さいませ。
私のアトリエからもあめ色の紅茶カップ&ソーサーと灰皿などいろいろと出品しています。

お買い上げの方、先着20名様には粗品進呈だそうですよ。




vogueプレゼント本


昨日は午後から数時間、アトリエ初の完全予約制のカフェタイムにお二人のお客様をお迎えしました。


来週、雑貨屋さんデビューする友人の値札つけなどお手伝いしていると、アトリエをお店と間違えて
あのモビールの見える小窓から覗き込むカップルの多いこと!!

看板も何もないし、でもどうみてもトルソーがあったり、小物が飾ってあると雑貨屋さんに見えるらしく、
何度もアトリエの前を往復した後、ドアを開けてついに入ってこられたひと組。

「お店開いてますか?」
「すみません、まだなんです」
「またそのうちに・・・」


申し訳ないなぁ~と思いながら丁寧に応対をしましたが、ちょっと残念。

もし、テーブルひとつ分でも販売コーナーを設けていたらお店ができるかもしれませんね。


私は全く手作りは出来ないんですが、どなたかにレッスンとかしてもらったり、
作品の展示販売などにアトリエを利用してもらうのもいいですね。




雑貨屋 024

仕事帰りにアトリエに行くと、まわりのお店はちょうど閉店準備しています。
駅近の便利なところにあるのですが、古い市場の中なので、突然シャッターが開いてこの風景を目にすると
みなさん、「何屋さんなの?」と興味しんしん。

窓を覗き込んだり、何度も前を往復したり、中から見ているとおもしろいです。


まだアトリエは一般公開していないので、怪しげな場所と通行人やご近所さんには思われているかも


お気に入りのモビールがちらっとだけ窓から見えるのもいいでしょ?
雑貨屋 025

ソレイユさんのところでゲットしたトルソーとマガジンラックです。
どちらも一目ぼれ


トルソーには早くお洋服を着せてあげたいのですが、アトリエの雰囲気にマッチするものがないんです。

どんなスタイルが似合うんでしょうかねぇ。


マガジンラックには大事にしまっているレアもの?(自分だけ思っているかも)VOGUE誌を入れようかと。

ちなみにポトスの鉢はわかりにくいですけど、ファイヤーキングだったような・・・
こちらは神戸栄町のコーストさんという2ヶ月に一度、アメリカに買い付けに行かれるセレクトショップさんから頂いたものです。


仕入れのセンスもよく、お洋服を中心に販売されていますが、LAで車を自ら飛ばして片田舎で素敵な雑貨を見つけて来られるのでなかなかおもしろいものがあります。

私のアンティーク雑貨への目覚めのスタートはコーストさんのところで購入したオールドパイレックスからでした。
全く何も知らない私にいろいろと教えて下さって、すっかりはまってしまったのです。


いつか私も彼女のように海外で買い付けできるようなそんなアトリエオーナーになりたいなぁ~って妄想しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。